水彩画教室Pastel(パステル)絵画ワンポイントレッスン
HOME > ワンポイントレッスン > クリスマスカードを作ろう

水彩画の描き方 ワンポイントレッスン(2018年12月号掲載分)

イベントで魅せる水彩画 - クリスマスカードを作ろう -

今回は季節のイベントものとして、マスキング液を使ったクリスマスカードのご紹介です。
例の絵ではわかりやすいよう大きな絵柄になっていますが、細かい模様などにしていくと大人っぽいカードも作れると思います。 ぜひチャレンジしてみてください。

クリスマスカード 靴下

マスキング液を使ったクリスマスカード

@ 下絵を作ります。
マスキング液で描き込みやすいよう大きめでシンプルな絵柄にしておくと良いですね。お家やツリーのシルエットを描いて、窓や飾りや空の星などをマスキング液で描いても面白そうです。


A マスキング液で模様や文字を描き込みます。
雪の結晶やちらつく雪、メッセージなどいろいろ描いてみましょう。

 クリスマスカード マスキング液

B 上から水彩を塗っていきます。
マスキングした部分の白が目立つよう少し濃い目がオススメです。グラデーションにしたり、複数の色を滲ませても良いですね。

 クリスマスカード マスキング液と水彩

C マスキング部分を剥がして完成。
強く剥がすと下の画用紙が破れる事があるので丁寧に剥がしましょう。



クリスマス 簡単なイラスト例

 クリスマス iイラスト
雪の結晶やプレゼントなど一度描いて覚えると、その後もメッセージカードなどの飾り付けに使えます。例の絵を真似してみましょう!










前月分へ    翌月分へ




水彩画 クリスマスカード
ミリペン・マスキング液

水彩画のコツ 豆知識
京都 絵画教室 初心者のための水彩画教室


▲ページトップに戻る